7th Note 大人のボーカル&ピアノ教室

大阪梅田スカイビル近く♪ 初心者対象☆

教室を開講して10年経ちました🌸

5月中旬よりレッスンを再開しまして、ひと月弱。
自粛モードでお休みが多いと予想していましたが、ほとんどの受講生さんがお元気にお越しくださいました。
みなさまとお会いできて嬉しい!心からひしひしそう感じる1ヶ月でした♡

久しぶりにレッスンされた受講生さまからは、
歌えてよかった!スッキリした!
久しぶりにグランドピアノを弾ける喜びを実感♪
〜やっぱり音楽は必要やな〜
・・・嬉しいお声をいただき本当に、本当に励まされました。

そして、なんと長い受講生さんからのビックサプライズ⭐️
すっかり忘れてました、今月で10周年〜(^^;;

f:id:azusariver:20200613204049j:image

いまは7th Noteスタジオさんでお世話になっていますが、個人で教室を開講して、あっという間にまる10年!数えきれないほど、たくさんの方々に支えていただきました。
少しずつですが、色んな面でパワーアップしてこれたことが本当にありがたいです。
これまでお世話になりました方々、心より感謝申し上げますm(_ _)m。

いまはドカンと突然きましたコロナウイルスの社会情勢が大きすぎますが(笑)、いまこそ☆踏んばり時。
音楽のチカラでお役にたてることを研鑽して、これからもがんばって参ります!

今後とも 「7th Note 大人のボーカル&ピアノ教室」をどうぞよろしくお願い致します。


 🍀お問合せ🍀

すみかおり(角 香織)  ボーカル/ピアノ講師、音楽療法士
・tel 090-8537-7140 (留守電にメッセージをお願いします)
・アドレス:sumikaori.7thnote@
gmail.com

お問合せフォーム - musica.akane


当教室のHPはコチラ:

http://www.7thnote.jp/s/lesson/

 





6月のレッスン空き日時♪

レッスンにお越しの皆様、受付での検温やマスク着用、フェイスシールドご持参など〜ご協力いただき誠にありがとうございますm(_ _)m。
各位ができる範囲で感染防止に努めてくださっていることに大感謝です💝。

<6月のレッスン空き日時です>
26日(金) 12時、16時、17時

*体験レッスンご希望の方も上記の日程をご検討の上、お問合せくださいませ。
*感染対策について:
レッスン中は私はマスク着用で行い、受講生さま入れ替えの際は必ず鍵盤の除菌、ドアを開けて換気しています。
7th Noteスタジオは全室に常時運転中のオゾンと紫外線を併用した除菌・消臭器を設置。医療機関や救急車でも使われている安全で機材にも悪影響を与えない優れた機械です!詳細は下記ページをご確認のほどお願いいたします。

 <スタジオ館内感染防止対策>⇩


私は1Fのバンドスタジオ、2Fピアノスタジオ、すべてのお部屋でレッスン or 個人練習しました。もちろんボーカルマイク使用で♪
〜時間が経っても各スタジオ内は、本当にクリーンで快適🍀。
環境が整っているので、安心して集中して音楽に励めます!

--追記--
◉Every Buddy音楽スタジオ応援プロジェクト〜南海電鉄様 運営
7th Noteスタジオは下記ページの下から2番めです!

peraichi.com


届いたリストバンド、かっこいい!!
引き続き 7th Noteスタジオの応援をよろしくお願い致します♪

f:id:azusariver:20200613220212j:plain


🍀お問合せ🍀
すみかおり(角 香織)  ボーカル/ピアノ講師、音楽療法士
・tel 090-8537-7140 (留守電にメッセージをお願いします)
・アドレス:sumikaori.7thnote@gmail.com

お問合せフォーム - musica.akane


当教室のHPはコチラ:

http://www.7thnote.jp/s/lesson/

 

5月後半・レッスン空き予定♪

いよいよ5月17日(日)よりレッスン再開いたします♪
大阪モデルが成功し、自粛要請が一部解除🌸
〜とはいえ、感染防止対策の心がけは継続必須!

私は当面マスクを着用のままレッスン実施いたします。
マスクしながら歌うのは、なかなか慣れないかもしれませんが、じつは発声・呼吸法を鍛えるメリットもあるのです⭐️レッスン時にあらためてお話しいたしますね!

下記、5月後半の空き予定です♪
5月:
28日(木) 17時
31日(日) 13時、14時
---
*ご希望日時は直接メール・ライン・メッセンジャーにてご連絡ください。
*体験レッスンご希望の方も上記の日程をご検討の上、お問合せくださいませ。
*下記にてスタジオ館内感染防止対策についてご閲覧いただけます。レッスンお越しの前にご確認のほどお願いいたします。

 <スタジオ館内感染防止対策>⇩

 

🍀お問合せ🍀
すみかおり(角 香織)  ボーカル/ピアノ講師、音楽療法士
・tel 090-8537-7140 (留守電にメッセージをお願いします)
・アドレス:sumikaori.7thnote@
gmail.com

お問合せフォーム - musica.akane


当教室のHPはコチラ:

http://www.7thnote.jp/s/lesson/

 
-------

< 追記>
休業中は、おもしろくない基礎練習:トレーニングをどんな風に楽しく実施していただけるか〜?! ・・・そればっかり考えていました(^^)♪
「好きな曲をパッ!とサッと!弾いたり歌ったりしたい⭐️」〜みなさんの望みは100%同じ。
私にとっても曲の紹介は簡単!あれもこれもみなさんに楽しんでいただきたいのです!!

でも、基礎練習が要る?か要らん?かと聞かれると、残念ながら必要必須です。大人のレッスンでも、指も声も基礎体力が大切。
みなさんに「えーーっ」っと言われることを期待して、紹介させていただきますね!!


f:id:azusariver:20200516123847j:image

7th Noteスタジオ・営業再開🍀感染対策

7th Noteスタジオ〜5月16日よりが営業再開されました。
当教室は 17日(日)よりレッスンを再開いたします♪

スタジオ内の感染対策・除菌設備等、臨時休業前より大強化⭐️
スタジオよりご来店の皆様へ入館時のご協力お願い等がございます。
詳細は7th Noteスタジオのホームページ、またインスタグラム、facebookページにも、感染対策の写真を掲載されています。

レッスンにお越しの前に下記ページをご閲覧いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。


🍀 7th Noteホームページ:営業再開について

最新情報一覧|セブンスノート

 

🍀インスタグラム「studio_7thnote」

https://www.instagram.com/studio_7thnote/?hl=ja

 

🍀facebookページ:「7th Note(セブンスノート)」

https://www.facebook.com/7thnote.jp/

 

なお、5月後半のレッスン空き予定は別ページにてご案内しています♪
どうぞよろしくお願い致します。

www.musicaakane.com


ピアノスタジオにてお待ちしております♪

f:id:azusariver:20200516132851j:plain

 

息を出そう!という力が免疫に⭐️

緊急事態宣言が延長になり〜当教室はただいま休講中です。

受講生のみなさんには、自主練用にちょっとテンション上がりそうな♪ 発声音源をお送りしています。
ボーカルの方だけでなく、ピアノの方も呼吸は必要🍀
集中して練習しすぎるとお顔の左右側面に壁ができ、どんどん視界が狭くなりがち。
特にピアノは練習しすぎて過呼吸になって救急車で運ばれた〜という話は、よくある本当の話です!

社会の空気が淀んでいる中、いまは突進して練習しすぎるより柔らかい空気を出すほうが硬い空気をほぐせる〜そんな気がしています♪

前回紹介しました「Hear it and Sing it !」の Warm-ups
Youtubeサイトがありました。英語の解説ですが、雰囲気でなんとなく伝わると思います!甲陽音楽学院に通っていた時、バークリー音楽大学から様々な先生のワークショップがあり、こんな感じでした!

youtu.be


息だけでしんどい場合は、舌で弾みをつけてから「(んっ)
ヌー」と発声すれば、出しやすくなります。「ヌー」で伸ばす先は「ヌふー」でお願いしますね♪

受講生のみなさんには この「Warm-ups」の続き「Ionian Workout」をお送りしました。「Ionian」とはドレミファソラシドの音階のこと。key Bb。後半のコールandレスポンスは歌っていても楽しいと思います。

音程が高いと感じたら、頭の後ろを感じてみてください。
まずは鼻歌でお気軽にうたってみてくださいね!男性も歌える範囲の音域です。

★ゆっくりと呼吸、息を出そう!という力が免疫につながります⭐️

そう!この「Hear it and Sing it !」シリーズのBlues版をゲットしました!1拍のリズムを深くたっぷり歌う練習にめっちゃいい!音源聴いてるだけでもウキウキする〜♪
またあらためてご紹介します。

f:id:azusariver:20200507110843j:image

Hear It And Sing It!: Exploring Modal Jazz

Hear It And Sing It!: Exploring Modal Jazz

  • 作者:Niemack, Judy
  • 発売日: 2004/07/01
  • メディア: ペーパーバック
 
Hear It and Sing It! Exploring the Blues

Hear It and Sing It! Exploring the Blues

  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 
🔹レッスン再開しましたら、あらためてお知らせいたします🔹
<7th Note Studio 臨時休業延長>
http://www.7thnote.jp/s/info/#90


🍀お問合せ🍀
すみかおり(角 香織)  ボーカル/ピアノ講師、音楽療法士
・tel 090-8537-7140 (留守電にメッセージをお願いします)
・アドレス:sumikaori.7thnote@
gmail.com

お問合せフォーム - musica.akane


当教室のHPはコチラ:

http://www.7thnote.jp/s/lesson/

 

Hear it and sing it! 【warm-ups】

いよいよ新緑の季節のはじまり🍀
私の自宅近辺はそよ風がさわやか!

ずっと朝が苦手で夜型だったわたし。
外出自粛ですが朝の6時半から1時間だけ山へ散歩に出かけています(^^)v。

仕事カットで戸惑いはもちろんあるけど、気力ダウンで体力を失うことのほうがもっと心配〜・・・
いまはただ原点にもどって基礎練して、自分の弱点を見つめ直しています。

その中で、休講中の皆様にもやっていただけそうな内容をご紹介⭐️
ボーカル・ピアノどちらも対象です♪

〜とはいえ、それぞれ様々な環境の変化で、気持ちが音楽モードに切り替えられない方も多数おられると思います。気持ちが前向きになった時、なにか新しい課題にチャレンジしたくなった時に読んでみてください♪

コロナ感染予防対策ー>腹式呼吸・肺を鍛えるチャンス⭐️
マスク着用のほうが息モレが少ないので、自然とお腹を使おうとカラダが反応するチャンス⭐️

自己治癒力が高まる機会になれば幸いです♪


◎Hear it and sing it! 【warm-ups

<音源に合わせて歌う、弾く練習♪>
※key change・短いフレーズが半音ずつkeyが上がったり下がったりする練習。

f:id:azusariver:20200421200303j:plain


大きな声を出す必要ゼロ。お腹で呼吸することは忘れずに。
小声で息を出しながら口と舌の運動。
ピアノオンリーの方も呼吸しながらの演奏は必要。
指の反応、響きがダンゼン変わります♪

受講生さん、まず送信済みのファイルを聴いてみてください。
(音源7つ 計 約12分間、解説PDF 13枚)

(このブログご訪問いただいた方も、つづきモチロン読んでいただいて結構です⭐️)


<手 順>
①まずは聴きながら口ずさむ。小声で話す程度の声量でOK。
ただしお腹の力で呼吸。喉、胸を意識しない。
リズムにノルことが大切。

②楽譜が読める方、ピアノの方は音程を確認。

③発音:口・舌・息の使い方に注意。
レッスンで行った方は思い出してくださいね!

④ピアノの方:歌った後、音源に合わせて弾く。
始めは右手だけ。慣れたら左手コード。ルート音(大文字)のみでOK。
慣れてきたら、両手でメロディ弾く(4、5、7はオススメ)

-------


<解 説> 
青字 Vo.= vocal 声、発声、聴こえるように口ずさむ。
赤字 Pf. = piano ピアノ 指番号ポイントのみ記載。メロ=メロディ。
左手のコードは大文字Root音のみ弾く。maj7、7sus、6、m7 etc.は無視。
※Vo. Pf.共通して音源に合わす練習は「バンドに合わす練習」になります。


【1.】vo.ハミング、口閉じる

f:id:azusariver:20200421201110j:plain


【2.】Vo. 口を丸め、Ooh(ほー)。"ほおおー"にならないように。
※1よりお腹の力、要。1よりしんどかったらOK。

f:id:azusariver:20200421202231j:plain



【3.】Vo. 口を開けすぎない。Pf.右指番号 ①②の2パターン練習♪

f:id:azusariver:20200421202251j:plain

 

【4.】Vo. Rの練習。Pf.右/左メロ片手ずつ練習、その後両手。

f:id:azusariver:20200421202306j:plain

 

【5.】Vo.スタッカートとスラーのちがい。お腹のダイエットに効果大。
Pf. 左右メロ片手ずつメロ弾き練習。慣れたら両手。

f:id:azusariver:20200421202323j:plain


【6.】Vo. Lの練習。これはなかなか舌が忙しい。

f:id:azusariver:20200421202336j:plain


【7.】Vo.息たっぷり要。ゆったり奏でる。

f:id:azusariver:20200423120807j:plain

 

 
このテキスト始めのwarm-upsウォーミングアップのご紹介でした♪

続きも短いフレーズのJazz Scat練習が続きます。
最近のJ-Popはカッコイイフレーズが多いので、どのジャンルの方にも役立つと思います。warm-upsがやり終えた方は、開講したらお見せしますね!

待てない方はアマゾンのサイトをご覧ください♪

Hear It And Sing It!: Exploring Modal Jazz

Hear It And Sing It!: Exploring Modal Jazz

  • 作者:Niemack, Judy
  • 発売日: 2004/07/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

アマゾンを見るとBlues版も出てた!知らんかったー^^;;
買ってみようかしら〜(^^)♪ 

Hear It and Sing It! Exploring the Blues

Hear It and Sing It! Exploring the Blues

  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: ペーパーバック
 


皆様、くれぐれもご安全にお元気でおすごしくださいませ🍀

++++++++++++++++

🍀お問合せ🍀
すみかおり(角 香織)  ボーカル/ピアノ講師、音楽療法士
・tel 090-8537-7140 (留守電にメッセージをお願いします)
・アドレス:sumikaori.7thnote@gmail.com

お問合せフォーム - musica.akane

練習前のストレッチ♪

緊急事態宣言から10日がすぎました。
毎日のすごし方が変わり、からだのリズムが慣れていない方も多くいらっしゃると思います〜(T T)。
私もその一人。歩かなくなると自然と筋肉がおとろえ、まず声が出にくくなります。つい見てしまうPCやTVで目が疲れると肩こりで指の反射神経も衰えが〜・・・

とりあえず私は毎朝ひと気が少ない近辺を散歩したり裏山を登ったり、体力キープに励んでいます!自宅に戻ってからはレッスンでお決まりのストレッチ♪


受講生の皆様〜もしよかったらご自宅練習前に、曲に入る前のストレッチを思い出して行ってみてください⭐️。練習する前の準備運動です。

下記に手順を記載しました。
動画のほうがわかりやすい〜とは思いますが、あえて言葉でポイントを書きました。
理由は動画ですと「目で見る意識 > 目以外のからだの感覚」・・・つまり、からだの神経感覚より”見る意識”のほうが勝ります。音楽で大切なのでは耳・聴く力と心で感じる力です。

ぜひこの機会に
*ご自分のからだの部位や息づかい、また発する音や声に意識を向けてください。
そして、スカッと爽快⭐️心地良さを感じてみてください。
そうでない場合(痛いところ、息がでにくい、薬指と小指が開きにくい〜など)、ご質問等あればいつでもお知らせください!

それでは、Let's Start(^^)♪

f:id:azusariver:20200417192156j:plain

*バンザイは指を広げて♪ 指の先に脳の神経が集まっています。

【 練習前のストレッチ♪ 約10〜15分間。ボーカル・ピアノ共通 】
<言葉の略語>
*グー/パー:ジャンケンの手の形のグー、パー
* rpt :リピート、何度か繰り返す

---
1. シャキッ!と堂々と立つ
・目をパッチリ開き・顔は前方を見る・頭は上を意識。
・足裏をべったり床につける・ひざを伸ばす:下半身は地面を意識。
・お尻きゅっ!引き締める。内ももを意識。
<Point>
肩に力はいらないように。足はふんばってください。顔が凝っていたらマッサージも追加。

---
2. バンザイ〜手ぶらぶら
・胸を広げて左右の両腕を上に挙げ、バンザイ!
・指先広げてパーのまま停止、1〜10数える。
・手首を軸に手ぶらぶら軽く揺らす。上下/左右 rpt
〜両腕おろし力ぬいて息ハッ!
・再び耳の横まで両手を挙げ〜手ぶらぶら上下/左右 rpt
〜両腕おろし力ぬいて息ハッ!
<Point>
上半身が揺れないように。おへその下(丹田)を感じてください。

---
3. グーッ・パーッ
・前へ:両脇の横でグーッ、腕を前にパーッ rpt
・上へ:両脇の横でグーッ、腕を上にパーッ rpt
〜両腕をゆっくり下ろしならが深く吐く。
<Point>
後ろを感じてください。背中が丸くならなように。顔が前に出ないように。

---
4. 手拍子・手を叩く
・左右の手のひらを合わせ(指は触れない)、パチン!パチン!rpt
 *手の全体、指も合わせたら音が低くなる。手のひらだけの方が音は明るい。
・左パー、右グーで、左の手のひら中心を右のグーで叩く rpt
・左右交代で rpt
<Point>
軽く痛くない程度の強さで。できれば好きな曲に合わせて叩くと気分も上がる。
テンポキープ(速くならない)練習も兼ねて。

---

〜カラダが整ったら・・・
ボーカルの方(息):5へ、ピアノの方(指):6へ
楽器にかかわらず、どちらもやっていただくとより一層効果的です♪


5. <ボーカル>息の練習
・いつもの大きく吐く息の練習。大きい息を吐くハッ! rpt
 *口は開けっ放しで。自然と息が入ってきます。上半身が揺れないように。
・口を閉じて細い息 歯の隙間からスーーーーーッ〜30秒目標。
 *背中を感じる。後ろにもたれるように。足は地面から離れない。
<Point> 大きい息、細い息、2つのお腹の使い方のちがいを感じてください。


6. <ピアノ>指のストレッチ
指番号:3(中指)→4(薬指)→2(人さし指)→5(小指)→1(親指)
・各指先つまみ、まわす。第一関節より上、爪の両サイドを持つ。
・指の付け根まわし。指の根元、水かきをよく伸ばす。

f:id:azusariver:20200416201454j:plain

指ヨガ日めくりカレンダーより抜粋。

*「指ヨガ」インストラクター資格を取っています(^^)v。
ピアノレッスン、音楽療法に生かしています。


みなさんで明るさをキープしながら元気いっぱい⭐️エネルギーを培って参りましょうね!おーっ!!

🍀お問合せ🍀
すみかおり(角 香織)  ボーカル/ピアノ講師、音楽療法士
・tel 090-8537-7140 (留守電にメッセージをお願いします)
・アドレス:sumikaori.7thnote@
gmail.com
・LINE、facebookでつながっている方はメッセージお送りください!

お問合せフォーム - musica.akane